記事詳細ページ

3年生理科教材 音のせいしつ A型

3年生理科教材 音のせいしつ A型:画像

音が出ているときのようすや、音の伝わり方を調べよう

■輪ゴムギター、糸電話などを作り、音が出ている時に物は震えていることがわかる実験や、音が伝わるときに物が震えていることがわかる実験ができます。

・カップの穴にモールを取りつけて、音の鳴るものを簡単に作ることができます。

・カップのみぞに輪ゴムをかけ、輪ゴムをはじいた時の音を安全に聞くことができます。

・パッケージを使って、箱太鼓、輪ゴムギターを作ることができます。

・パッケージ、説明書は、ユニバーサルデザイン(UD)の 考え方に基づき、より多くの人へ適切に情報を伝えられるよう 配慮した見やすいユニバーサルデザインフォントを採用しています。

《仕 様》

内 容

・実験用の箱(パッケージ)

 (糸どめ、連結部品、ちょうちょ)

・カップ 2こ

・輪ゴム(大・小) 2本

・モール

・糸

・記入欄付説明書

2020.10.02:[環境つなげる課]

Access 3,758,646pv Today 161pv Yesterday 1,671pv