記事詳細ページ

昨日の敵は今日の友

昨日の敵は今日の友:画像

NBAオフシーズン最大のサプライズは、レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズと

7月1日(現地)、“FA交渉解禁日”に契約が決まったことです。(正式発表は9日)

 

昨シーズンまで在籍したクリーブランド・キャバリアーズや、他からオファーがあった

強豪チームと契約せず、家族の事を第一に考えてレイカーズと契約しました。

レブロンはロサンゼルスに家を2つ所有し、彼の家族は南カリフォルニアを好んでいて、

息子がバスケットボールをする環境も良いとのことです。

 

レイカーズは、優勝回数が16回(1位はボストン・セルティックスの17回)の名門であるが、

近年下位に低迷している。現在は、チーム再建中で有望な若手選手が多いメンバーにレブロンが

加わることにより、一気に優勝候補となりそうです。

 

レイカーズは、数年前からレブロンを獲得するための準備としてサラリーキャップを空けており、

次々と有望な選手の獲得を始めている。

 

その中のひとり、インディアナ・ペイサーズからFAになったランス・スティーブンソンが加わったのは

以外で、

レブロンとは以前から(2012年のプレーオフから)因縁があり、2014年のプレーオフでは

フリースローを打つ選手を見守るレブロンの耳に、隣にいたスティーブンソンが息を吹きかける

 

 

『息吹きかけ事件』といわれるNBA史上に残る『珍プレー』もあり、彼らはそれ以降も対戦のたび

激しくやり合い、レブロンに「あいつは汚い選手」と言わせた。

 

スティーブンソンは、ラフプレーや相手をイラつかせるプレーが目立つが、もともと実力があり

高校時代から注目されていたほど攻守のスキルが高い選手である。

 

 

今回の移籍は、ペイサーズの球団社長の話によると、レブロンがスティーブンソンに

『お前が欲しい』と口説き、レイカーズ入りが決まったそうです。

 

危険な賭けに思われるかもしれないが、レブロンはスティーブンソンの実力を認めて誘ったと思います。

彼の未知の能力を引き出して良い ”コンビ” になることを期待します。

2018.07.11:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
カード決算
FAXメールはこちら
送料

7/2(月)から送料が変更になりました。
詳しくはショッピングガイド
ご覧ください。

株式会社 壱岐産業(いきさんぎょう)
住所 宮城県仙台市泉区黒松2-16-12
電話 022-233-1776
FAX 022-233-2318
Eメール info@iki-sangyo.co.jp

Access 2,170,588pv (2010.08.04〜) Today 1,689pv Yesterday 1,253pv Contents 1,695pages