記事詳細ページ

【NBA】レブロン56得点! レイカーズ 久々の勝利

【NBA】レブロン56得点! レイカーズ 久々の勝利:画像

5日(土)は、春らしい陽気で暖かく気持ちよかったですね。

6日(日)は、一転冬に逆戻りした天気で雪がチラチラで外は寒い。

こんな日は家でNBA観戦、とてもアツい試合を観させてもらいました。

 

さて、4連敗中でウェスタン・カンファレンス9位のロサンゼルス・レイカーズの相手は、

同カンファレンス2位で強豪のゴールデンステート・ウォーリアーズ。

 

ベテランが多いレイカーズは怪我人が多く、終盤に息切れを起こしたかのような逆転負けを

くらったりして、最近はアンチから「高齢化―ズ」と呼ばれはじめている。

 

得点源のデイビスもいないし、今日も厳しいけど、これ以上負けられないぞと思いながら観戦。

 

 

この試合、37歳のレブロンは第1Qから13得点と好調で32‐25とレイカーズがリードを奪う。

 

しかし、ウォーリアーズのステフィン・カリーを中心とした攻撃で第2Q中盤に逆転されると

一気に突き放され最大14点のビハインドを背負う嫌な展開。それでも、シュートが好調な

レブロンが終了間際に3ポイントを沈め、このQでも13得点を奪い、62−67とウォーリ

アーズに詰め寄って試合を折り返す。

(前半の終わり方が良かったので少し期待)

 

迎えた第3Q、再び2桁リードを奪われるが、レブロンが得点を重ね豪快なリバースバンクを

叩き込み、このQレブロンは14得点を挙げた。レイカーズはカーメロ・アンソニー(37歳)

がブザービーターを決めるなど他の選手も活躍し、89−94と点差そのままに最終Qへ。

 

勝負の第4Q、6点ビハインド(91‐97)とされた時、この日一番のヤマ場が訪れる。

レブロンが3本連続で3ポイントを沈め、100‐97と一気に逆転に成功する。

(この時はトリハダが立った。解説のクリスさんは言葉を失い。アナウンサーは絶叫。(笑) )

 

その後一進一退の攻防となった終盤、レブロンがアリウープダンクを決め、さらにカーメロ

の3ポイントを演出。最後はレブロンがフリースローをキッチリ決め、124‐116で勝利を飾った。

 

レブロンは、約38分出場し、56得点、10リバウンド、3アシスト、1ブロックを記録。

 

37歳以上で50得点以上を記録した史上4人目の選手となった。

 

1試合56得点は、今シーズンNBA最多得点で、レブロンのキャリア3番目の得点となった。

 

2人の37歳が活躍した試合で、ルーキーのオースティン・リーブス(23歳)も良かった。

スタメン出場し、ディフェンス面で貢献、終盤には貴重な3ポイントを沈める活躍をした。

 

高齢化−ズと言われようが、2人のおじさんとルーキーが活躍すれば面白くなりそうです。

 

ウォーリアーズ戦ハイライト   https://youtu.be/kBakvTR7Wkc

レブロン56得点ハイライト https://youtu.be/OOdV9A0xCWo

レブロンキャリアハイ/1試合61得点 https://youtu.be/ikzds99vjgk

2022.03.09:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 5,099,140pv Today 1,483pv Yesterday 2,789pv