記事詳細ページ

【NBA】レイカーズ、開幕11試合で8勝3敗の単独首位

【NBA】レイカーズ、開幕11試合で8勝3敗の単独首位:画像

昨年12月23日(現地22日)に開幕したNBA、ディフェンディングチャンピオンの

ロサンゼルス・レイカーズは、1月11日(現地10日)までに11試合を消化し

ウェスタン・カンファレンスで、8勝3敗と首位に立っている。

 

↑ 左から、KCP、デイビス、レブロン

 

9日(現地8日)は、ホームで対シカゴ・ブルズ戦、仕事が休みでしたので試合開始から

生中継でテレビ観戦しましたが、最後までどっちが勝つかわからない好ゲームでした。

 

対ブルズ戦ハイライト https://youtu.be/BoWy2s1CIvk

 

“王者” レイカーズは、主力のアンソニーデイビスとケンティビアス・コールドウェル・

ポープ(KCP)が怪我で欠場したものの、リーダーの “キング” レブロン・ジェームズが

28得点、7リバウンド、7アシストの活躍でチームを引っ張り、117‐115で勝利しました。

 

レブロンは、10試合を消化し(現地8日時点)チームの評価を求められ、以下のように

答えました。

 

「デニス(シュルーダー)、トレズ(モントレズ・ハレル)、ウェス(ウェスリー・

マシューズ)、マルク(ガソル)それにテイレン(ホートン・タッカー)が加わった

わけで、新加入が5人もローテーションに加わった。今もお互いのプレーについて

学んでいるところ。開幕から10試合を終えた時点では、まずまずじゃないかな。

もちろんもっとレベルアップしたい。今の時点で評価するなら、BかB+だね」

 

「ウチには優勝という共通の目標を持つ選手が集まっている。みんな、それぞれに

自分の役割をこなしている。チームのためにできることをしているんだ」

 

新加入のシュルーダー、ハレル、マシューズ、ガソルそして2年目の若手のテイレン・

ホートン・タッカー(THT)が活躍する場面も目立ち、連携も良くなっている。

ただし、細かい連係ミスや不安要素もまだあるので、連覇を目指すレブロンは

もっとチーム状態を良くしたいと思っていると感じました。

 

どうでもいい話ですが、今シーズンから全試合視聴可(日本語解説・実況なし)の

”契約“ で視聴していて感じたことがあります。英語の実況を聞いていて、長い

名前の選手は、KCPとかTHTと省略して言っていました。レブロンについては、

LeBronという時もあれば、LBJと言っているときもありました。

若手のアレックス・カルーソは “カルーSHOW” (愛称)と言っていました。

 

私の理想は(チームの理想も同じと思う)、レブロンはもう36歳ということもあり、

昨シーズンのオフが短く(体を休められなかった為)、今シーズンは出場時間を減らし

プレーオフ〜ファイナルを万全の状態で迎えたい。

試合で活躍する選手(名前を言われる選手)が、KCPやTHT、カルーSHOWなどの

若手の名前が多くなりレブロンの負担を軽くしていければ、もっとチームが良くなると

思います。

 

一番の不安は、コロナです。

すでに何試合か延期になっていて、これ以上感染者が増えると昨シーズンのように

中断もあるかも知れません。レイカーズのチーム状態が良くなっているので、

予定通り試合が行われることを願います。

 

2021.01.13:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 3,910,601pv Today 1,811pv Yesterday 1,717pv