記事詳細ページ

【NBA】マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームズ史上最高の選手はどちらか?

【NBA】マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームズ史上最高の選手はどちらか?:画像

NBAは中断していますが、2週連続NBAネタでいかせていただきます。

 

 

“神様” マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ他)と、

“キング” レブロン・ジェームズはどちらが史上最高の選手か?

これは、バスケットボールにおける永遠のテーマといえます。

 

ジョーダンは30歳の時にMLB挑戦を目指してコートを離れるなど、2度の引退期間があり

常々比較においてエクスキューズがついて回ってきた。しかし、高校からNBA入りして

17年間プレーしてきたレブロンも2012年に念願のリーグ初制覇を果たし、比較の対照

とされてきた優勝経験の有無をクリア。個人成績もジョーダンを上回る項目も増えている。

【2人の成績比較】

 

2人がNBAで成し遂げてきた実績を比べてみると、優勝回数(ファイナルMVP受賞)、個人

タイトルにはジョーダンに分があるものの、“神様” とほとんど遜色ないレベルに近づいている。

 

現地では、「チャンピオンリングの数」「ジョーダンがNBAのゲームを変えた…」などと

今でもジョーダン支持派が多いらしい。

 

ジョーダンは今年1月、「私たちは異なる時代でプレーしている」と世間の比較論に釘を刺し、

「彼は信じられない選手。世界で指折りだ。異なる時代と比較する傾向は当たり前で、それは

続くと理解している。私は彼のファンだ。」とレブロンを称賛していた。

 

【2019時点の比較】

 

私としては、通算得点、通算リバウンド、通算アシストの個人記録はレブロンがすでにジョーダンを

上回っていて、今シーズン史上初の通算30,000得点、9,000リバウンド、9,000アシストを達成しているし、

ジョーダンが持っていた連続2桁得点試合記録(866試合)を2年前に抜き去り(現在も更新中)

35歳となった今も衰えを感じさせないプレーを見せている、レブロンが史上最高の選手と思います。

 

レブロンのプレースタイルは、得点力があることと、パス能力も高く、ポイントガードからセンターまで

ガードできる守備力も併せ持つオールラウンダー。長身でありながら、ガードのスキルを有しており

「ポイントフォアード」という地位も確立し、5つのポジションをこなすことが出来る。

 

ジョーダンとよく比較されるが、“名ポイントガード”マジック・ジョンソンに近いという意見もある。

“シャック”ことシャキール・オニールは、「レブロンは、ジョーダンの能力を備えたマジックみたいな

ものだ。」と称している。

 

NBA解説者で元日本代表センター(現江戸川大学教授)の北原憲彦氏は、年齢を重ねても

フィジカルの強さ、視野の広さ、ゲームの支配力があり、まったく衰えしらずのレブロンを

「スーパーコンピューター搭載のブルドーザー」と例えていたのは今年一番の名言です。

 

2020.03.25:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

Access 3,305,720pv Today 203pv Yesterday 2,405pv