記事詳細ページ

GW行くなら、3.11メモリアル交流館「それでも、下水は止められない。」

GW行くなら、3.11メモリアル交流館「それでも、下水は止められない。」:画像

こんにちは!web担当の佐藤です。 ^^

今日が大型連休の初日。という方多いと思います。

ながぁ〜い休みのあいだ、こんなところはいかがですか。

とっても地味です。

 

せんだい3.11メモリアル交流館

仙台市営地下鉄東西線の東野端、荒井駅に隣接するメモリアル交流館。

 

開催しているのは、

3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」〜東日本大震災・南蒲生浄化センターの知られざる闘い〜

震災直後からの下水処理場で働いている人たちの、

その時実際に対応した様子が写真と映像で描かれています。

ライフラインが止まって、水の確保に奔走した人が多かったということは、

吐き出された水を処理する施設も壊滅的な状況だった。

「汚水」は仙台市のマークと仙台市の花「萩」模様

 

施設を回復させつつ、流れてくる排水を受け入れなければならない。

もし、受け入れられなかったら・・・・・

市内に汚水があふれ、衛生が保たれず、感染に侵されたかもしれない・・・

というコトを回避できたのは、

下水処理場で働いている職員の方々のおかげなのです。

「雨水」は仙台市のマーク

「雨水」は仙台市のマーク

 

そんな状況がわかる、とっても地味で、とっても小さな展示です。

『海をいかに汚さないようにするか』

視点の深さに感動しました。

 

津波で再生した町を地元の小学生がジオラマを使って、見せてくれています。

緑の多い人のあふれる町になると思います。

 

開催期間が7月7日まで延長になりました。

地下鉄東の終点、荒井駅に併設されています。

無料。

 

2019.04.27:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

Access 2,693,263pv Today 3,233pv Yesterday 3,064pv