記事詳細ページ

182回目 「切創手袋取り扱っております」

182回目 「切創手袋取り扱っております」:画像

以前、切創事故について調べたことがありました。

 

平成26年の時には切れ・こすれの事故は全体で5番目に多かったみたいです。

 

これが全てではなく実際に報告があがっていない「赤チン災害」(赤チンを塗っておけば治る)が最も多い事例と言われています。

 

切れ・こすれの中でも工具による事故発生が最も多いみたいです。

 

次のデータは平成28年度のものです。

 

 

平成28年度は26年度からみて5番目から6番目に下がっていますが、

人数はほぼ変わらずです。

 

工具を扱うときは切創手袋を着用することが大事なんでしょうね。

 

当社でも切創手袋取り扱っております。

耐切創レベル3〜5のタイプを主に販売しております。

 

切創レベルは上記の表示になります。

切創レベルが高ければ高いほど切れにくくなります。

 

 

上記の切創手袋はレベル3ですが薄く、着用していただくと

「これで切創手袋なの?」という声をよく聞きます。

 

価格も安価です。

 

ご興味ある方は営業までご連絡ください。

2018.08.07:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
カード決算
FAXメールはこちら
送料

7/2(月)から送料が変更になりました。
詳しくはショッピングガイド
ご覧ください。

株式会社 壱岐産業(いきさんぎょう)
住所 宮城県仙台市泉区黒松2-16-12
電話 022-233-1776
FAX 022-233-2318
Eメール info@iki-sangyo.co.jp

Access 2,214,882pv Today 3,297pv Yesterday 3,820pv