記事詳細ページ

ハモコミ通信2012 9月号

ハモコミ通信2012 9月号:画像


▲クリックして拡大画像でご覧下さい。

 


 

コラムで見つけたちょっといい話

◎ あと一人

 今年のプロ野球の交流戦で、読売ジャイアンツの杉内俊哉投手が東北楽天イーグルスを相手に、四球一つだけというノーヒット・ノーランを達成しました。

 九回ツーアウトまで一人のランナーも出さず、あと一人で完全試合というところで、四球を与えてしまったのです。

 杉内投手は試合後のインタビューで、「完全試合をできればよかったけれど、勝つことが重要。

 無責任に真ん中に投げるよりは、コースに投げて四球のほうがいいと思った」と語りました。

「3ボール・2ストライク」の状況では、一か八かで、ど真ん中に投げるという選択肢はあったかもしれません。

 しかし、最後まで厳しく狙いを定めた投球には、チームの勝利を最優先した姿勢が表われていました。

 厳しい条件下での仕事は、私たちの職場でも少なくありません。大雑把な判断や思いつきで仕事をしていると、想定外のミスや事故が起こり得ます。

 楽を求めないていねいな姿勢こそが、最善の結果につながると心しましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 状況によっては、本来の目的から目が逸れそうになることがありますね。

 私などはまさにそんな目移りタイプ。杉内投手から学ぶ必要大です。

 

「6つのハイコンセプト」

 月刊誌「致知」9月号の巻頭の言葉は、ウシオ電機会長牛尾治朗氏の「新世紀の潮流を?め」でした。

 その中で紹介されていた「6つのハイコンセプト」というのに興味を持ち、本を買ってみました。

(「ハイコンセプト 〜「新しいこと」を考え出す人の時代〜 富を約束する「6つの感性」 三笠書房)

 著者は、米国副大統領を務めたアル・ゴア氏の首席スピーチライターだったダニエル・ピンク氏。訳者は大前健一氏です。

 6年前の本ですが、そのまま今に通用する内容だと思いますので、とりあえずその「6つの感性」なるものだけ今回ご紹介したいと思います。

 1.「機能」だけでなく「デザイン」 
 2.「議論」よりは「物語」
 3.「個別」よりも「全体の調和」
 4.「論理」ではなく「共感」
 5.「まじめ」だけでなく「遊び心」
 6.「モノ」よりも「生きがい」

 牛尾会長は、ヨーロッパが模索したグローバル化とアメリカが生んだITによって21世紀の趨勢(すうせい)が確立しつつあるとしています。そして、上記2、3、4、6は日本が得意とするところであり、その強みを一層発揮せよ、と結んでいます。

 次月号で「6つの感性」を詳しくみていきます。

 

2012.09.01:[ハモコミ通信2012]

Access 4,318,269pv Today 856pv Yesterday 2,382pv