記事詳細ページ

問題はその人の持つ「伸びしろ」そのものである

問題はその人の持つ「伸びしろ」そのものである:画像

ある本にこんな一節が書いてありました。

 

問題は、それを解決できたのであれば、その分だけ成長できるものである。

つまり「問題は、その人や企業の持つ『伸びしろ』そのものである」といえます。

問題を解決する方法には、おもに|侶辰鯑世襦↓意識を変える、C侶辰鮟个后

の3つの方法があります。

知恵を出すことは素晴らしいことですが、なかなか難しいことでもあります。

そのため、問題が生じた場合は、まずはネット検索などを利用し、解決策を「探す」

ことから始めるのが賢明です。

また、何かの欠点を問題と考えているのであれば「その欠点を長所として活かす方法は

ないか?」というように「意識の方向づけを変える」こどで問題は問題でなくなります。

 

深め甲斐のある内容です。

まずは「問題」=「伸びしろ」という考え方について。

 

本当にそうだと思います。

当事者がそうだと思えれば、問題解決にグッと近づいたと言えるでしょう。

そのためには自分を外から眺める「メタ認知」と言われる手法が有効です。

 

メタ認知っていうと難しく聞こえますが、要は自分を眺めるもう一人の自分を

自分の中に持っておく、っていうことです。

 

これは心理療法などにも使われますが、何気なくやっていることも多いでしょう。

意図して自在にできるようになると楽に生きられますね。

 

続きはまた後日。

2018.05.27:[スタッフ眼ヂカラ養成ブログ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
カード決算
送料

7/2(月)から送料が変更になります。
詳しくはショッピングガイド
ご覧ください。

株式会社 壱岐産業(いきさんぎょう)
住所 宮城県仙台市泉区黒松2-16-12
電話 022-233-1776
FAX 022-233-2318
Eメール info@iki-sangyo.co.jp

Access 2,127,176pv (2010.08.04〜) Today 1,348pv Yesterday 1,710pv Contents 1,664pages